低反発のマットレスはカラダに悪いのか?


アラフォー男の私は、繰り返しギックリ腰をやっています。それから慢性的な腰痛に悩まされた時期もありました。

そういった経験もあり、「元気なカラダ」って本当に大事だなぁーって思います。元気があれば何でもできますからね

そんな私は腰を痛めて以来ふかふかのベッドをやめ、床に布団を敷いて寝るようになりました。今は「高反発のマットレス」を床に敷いて寝ています。だってふかふかベットとか低反発のマットレスはカラダに悪いですから~!

なぜ低反発が悪いのか?

低反発は寝た時に、「ゆ~っくり沈み込んで気持ちいいーー」なんて思っている方。間違ってますよ!その沈み込みがカラダにはかなり悪いですから。

① 低反発マットレスは、横になると一番重い腰部分が特に沈み込んでしまう。

人間が仰向けに寝た場合、腰部が44%、背部が33%の重さがかかります。その状態で寝ていれば、腰椎にかなりの負担がかかってしまいます。

② 低反発マットレスは、やわらかさと沈み込みで寝返り動作の邪魔をしてまう。

寝返り動作の重要性について

子供は寝ている間、何度も何度も寝返りします。「うちの子は寝相が悪いな~」なんて思った方も多いのではないでしょうか?でも、それって元気いっぱいな証拠なので、まったく心配ありません。

むしろまったく寝返りをしないような、大人しく寝ている人の方が心配です。寝返り動作が大切な理由は以下の2つ

カラダの血流の滞りを防いでいる。

カラダを整体しようとする生理的な動作である。

歳をとると徐々にカラダが硬くなりやすく、寝返りの回数が減ってきている可能性があります。

それに加えて、ふかふかベッドや低反発マットレスなんて使おうものなら、わざわざ寝返りしづらい状態にしているだけです。

やっぱり高反発でしょ

私は、数年前からエアウィーブのマットレスパッドを使用しています。これならば、ベッドでも床に敷いても使えるので購入するならこれがおすすめです。少々値段はしますが、カラダのための投資としては安いんではないかと思います。

反発 睡眠 エアウィーブ 高反発マットレス モットン ドルメオ マニフレックス 

カラダに適度な圧力がかかり、腰や背中だけ沈むという事はありません。腰の調子も絶好調。

どうしても買えないようーって方におすすめなのが「ござ」です。「ござ」をベットの上に敷けば、沈み込むのを防止てきます。お試しあれーー。

「元気が一番、元気があれば何でもできる」、では。

 

 


人気ブログランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です