キネシオテープで自然治癒力アップ!?


やってしまいましたーー右ふくらはぎ外側。

去年の湘南国際マラソン前にも同じ場所を痛めて、無理して出場した結果さんざんな目にあいました。

またしても、横浜マラソン2週間前にもかかわらず痛めてしまいました。

痛みが出る前日、ガンガン下半身のトレーニングをしました。ダンベルを担いでのスクワット、ランジ、カーフレイズなどなど。次の日雨のため、近くのアリーナで裸足ランをしていたら痛みがでました。

いや~な予感、去年と一緒じゃぁーん。

肉離れまでは言ってないと思いますが、軽く筋繊維は痛めてると思われます。炎症反応はあまりなさそうですが、急性の痛みなのでとりあえずアイシング。その後ロキソニンテープを貼って寝ました。

痛めて2日目、歩くとかなりツッパリ感があります。走ったりはできるけど痛い。炎症はなさそう。

キネシオテープを貼って治そうかと思います。

大会まで間に合うかな~

キネシオテープってなーに?

よくスポーツ選手が、青やピンクのカラフルなテープを貼っているの見たことないですか?

あれがキネシオテープです。

このテープは伸縮性に特徴があります。人間の皮膚と同じ伸縮率(約140~150%)でできています。患部を固定するのではなく、伸びすぎた、あるいは収縮しすぎた筋肉に張ることで、痛みを緩和や予防、疲労回復を促します。

キネシオテープの効果

①痛み・コリの改善

キネシオテープを貼ると、皮膚が持ち上げられて筋肉との間に隙間ができてリンパ液の流れがよくなります。それによって、新陳代謝がよくなり自然治癒力が高まり、筋肉の痛みやコリを改善します。

②腫れや内出血を軽減

リンパ液だけでなく、血液の流れもよくなります。酸素や栄養分は血液によってカラダの隅々まで運ばれます。血行が良くなると損傷した部位の回復が促進されます。ケガだけでなく、だるさや疲労感が強いときなどにも有効です。

③筋肉疲労の軽減と回復

スポーツや仕事などで、長時間や連続して筋肉を使う場合に、事前にキネシオテープを貼ることで疲労の蓄積を予防したり、筋肉の動きをサポートします。その後もキネシオてーむを貼っておけば、疲労回復も一層早まります。

④関節の動きを良くする

関節の動きを改善する働きがあります。関節は長時間固定したままでいると、機能低下を招く恐れがあります。キネシオテープによって関節を固定し過ぎずに、筋肉の動きを調整することで関節の調整と動きを良くします。

キネシオ テーピング キネシオロジーテープ 肉離れ プロテイン トレーニング 筋肉 健康 ビックホエイ シェーカー フルマラソン ランニング 筋トレ 

貼ってみての痛みは?

1日キネシオテープをを貼って過ごしてみましたが、明らかに貼ってある方が痛みが少ないです。テープを剥がしてから軽く動いてみると、いやーな張り感とともに痛みがあるます。

このまま貼り続けてみたいと思います。

「私の自然治癒力を信じてるぜぃ!」

これで2週間後のフルマラソンでは、痛みなく走れるようになるまで回復するのだろうか・・・

また、繰り返し右下腿の外側を痛めるようであれば、カラダの使い方を見直す必要もあるかもしれません。とりあえず今はケガの回復を待ちます。

今まで色々なキネシオテープを使ってみましたが、ニトリートの撥水タイプが抜群にいいですね。撥水タイプで汗をかいても粘着力はばっちり、しかもかぶれにくい。おすすめっす。

「元気が一番、元気があれば何でもできる」、ではまた。

 


人気ブログランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です