筋トレでがんリスク低下


今日は夕方から雨が降っていたため、仕事終わりに近くの体育館でランニングをしてきました。

健康のためのエクササイズといえば、ジョギング、ウォーキングなどの有酸素運動がメジャーです。さらなる健康的なカラダを手に入れるには筋肉トレーニングが必要です。

なぜなら筋肉トレーニングががんによる死亡リスクを大幅にていかさせるからです。なんと31%もです!

これはすごい!

シドニー大学の研究結果

筋肉トレーニングをしている人とやっていない人では、全死因における死亡リスクが23%低く、そのなかでがんによる死亡リスクは31%も低いという研究結果を発表しました。

週2回以上の筋肉トレーニングを行っている人は、全死因における死亡リスクが23%低く、がんによる死亡リスクも31%も低いことがわかりました。トレーニングの内容は、ジムなどでのマシーンを使った筋トレではなく、自宅での自重トレーニングでも十分死亡リスク、がんリスクを低下させる効果があると認められました。

アラフォー男の私は、ジムには通っていません。20キロのダンベルが2つ、チューブ、腹筋ローラーなどの器具しかありません。これだけでも健康なカラダは手に入れることができそうですね

ペンシルベニア州立大学の研究結果

65歳以上の高齢者のうち、筋肉トレーニングを行っている人は全死因における死亡リスクが31.6%も低いという結果を発表しました。

以前のブログで書いた、筋肉からでる夢のホルモン「マイオカイン」と同様、筋肉トレーニングを習慣づけ継続することが大切ということですね。

まとめ

多くの人は、健康のためにウォーキングやランニングなどの有酸素運動を一生懸命取り組んでいる方が多いです。しかし、筋肉トレーニングも一緒に取り組んでいるよという方は少ないように思います。

今回の研究結果をみると、有酸素運動と筋肉トレーニングを両方行うことが、「元気なカラダ」手に入れるためのに必要なのだとわかります。

世界保健機構(WHO)では、18歳~64歳までの運動ガイドラインとして以下のような発表をしています。「1週間あたり150分以上の有酸素運動とともに、週2回以上の筋力トレーニングを行うこと」

アラフォー男の私のは、バッチリクリアしております!

みなさんも参考にしてみたはいかがでしょうか?

元気が1番、元気があれば何でもできる!ではまた。




人気ブログランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です