筋肉から万能ホルモン分泌”マイオカイン”に注目!


筋トレは、健康に良いという事がはっきりしました。筋肉は体を支持したり、動かすためだけのものではない!色々な働きをする夢のような万能ホルモン「マイオカイン」を分泌します。この「マイオカイン」、筋肉の若返りなどもありますが、脂肪分解、大腸がん、糖尿病などなに効果があると言われています。

マイオカインってなに?

マイオカイン」とは、myo、筋肉+kein、作動因子 からきています。これは筋肉から出るホルモンの総称で、現在は50種以上発見されています。

特定の筋肉から分泌されるわけではありません。全身の骨格筋から分泌されますが、特に下半身の筋肉、太ももやふくらはぎから分泌されます。

マイオカインの効果は?

万能ホルモンといわれる「マイオカイン」なので、色々な効果があります。具体的には、次のような病気予防があるという研究報告がされています。

  • 筋肉や骨を作る
  • 抗炎症作用
  • 免疫力アップ
  • 脂肪を減らす
  • 大腸がん予防
  • 糖尿病予防
  • 動脈硬化予防
  • 認知症予防

マイオカイン」は、若々しく健康を維持するためにとても期待大なホルモンなんです。健康寿命が延び、医療費削減にもつながる可能性があるとも言われています。

どうしたらマイオカインは増えるの?

ズバリ筋トレです!

マイオカイン」が分泌されるのは、新しく筋肉が作られる時、しかも、新しく筋肉が作られてから4ヶ月ほどしか分泌されず、その量も決まっているようです。

という事は、普段から継続的に筋トレや運動をすることで、少しずつでも新しい筋肉を作っていくことで「マイオカイン」が分泌され、若々しく健康になっていくという事です。

人間は骨盤から下、要は下半身の筋肉が70%なので、下半身のでかい筋肉をトレーニングしていくのが効果的でしょう。

トレーニングによる増やし方

私の場合は、ランニングをしたり、ダンベルやバランスボールなどを使用し筋トレをしています。しかし、年配の方やお年寄りはきついトレーニングはできないと思いますので、最低この2つをやりましょう。

スクワット(ワイドスタンス)

腰を痛めにくいので足の幅を広めにしてやる方法です。

  • 足を肩幅よりも少し広めにする。
  • 足先を外に45度程度開いて立つ。
  • 太ももが床と平行になるまで状態を下げる(きつい場合はその手前まで下げる)。
  • 顔は常に前を向く。
  • 下ろしたらゆっくりもどす。

理想としては10回を1セットとして、1日3セットくらいできるといいです。

インターバルウォーキング

約3分間隔で、早歩きと通常の歩きを交互に繰り返します。これを5回繰り返して合計30分間ウォーキングします。これを週に3~4回行います。

食事による増やし方

ずばり、タンパク質を摂ってください。運動後にタンパク質をしっかりと摂取することで筋肉が作られます。タンパク質の中でもBCAA(バリン、ロイシン、イソロイシン)が大切です。

私は運動後にプロテインを飲んでいます。これが手軽にタンパク質、BCAAを摂取できます。

プロテインなんて持ってないよって方、安心して下さい!そういう方はコップ1杯の牛乳を飲んで下さい。これでオッケーです。運動後すぐにコップ1杯の牛乳です。

その他、筋肉増強におすすめな食材をいくつか挙げておきます。

  • チーズ、ヨーグルトなど乳製品
  • 鶏のムネ肉
  • 豚ヒレ肉
  • 牛もも肉
  • サバ
  • 大豆製品

筋肉は体を動かすためや、支持するためだけでなく、良質なホルモンを分泌する大事な器官です。しかし、新しい筋肉から分泌する量や期間が限られています。

つまり、こつこつと継続して運動することが元気なカラダを保つポイントだと思います。

元気が1番、元気があれば何でもできる!




人気ブログランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です